Profile

渡邊一雅

渡邊一雅

KAZUMASA WATANABE

アトリエ 路樹絵(ロジュエ)主催代表
渡邊(ワタナベ) 一雅(カズマサ)
1976年  大阪芸術大学芸術学部デザイン科インテリアデザイン専攻卒
1994年  京都市内にて基礎デッサン研究所「アトリエ路樹絵」を設立
現在に至るまで、指導者として数多くの国内に限らず海外で活躍 するメジャークリエイター、アーティストの育成に努めている

【これまでの実績】

東京、大阪、名古屋、博多、鹿児島など大都市圏でのデッサン・クロッキー指導会を定期的に開催し、多くの参加者からの支持を得ている
スウェーデン国立ルンド大学芸術学部での講義において、渡邊一雅のデッサン技法が取り上げられている
美術解剖学会2007年大会にて講演を行い、日本におけるデッサン指導の現況について発表を行った
東京都がクールジャパン推進のために出版した「アニメの教科書」に、渡邊一雅のデッサン・クロッキーの技法が掲載されている
2015年まで滋賀県にある芸術大学・成安造形大学のイラストレーション領域の非常勤講師を勤める
2016年~大阪アニメーションスクール専門学校にて、人体デッサン担当講師着任
2017年12月 京都学芸出版社より「そこが知りたい人体デッサン」渡邊一雅著 が出版された。
2019年7月に「そこが知りたい人体デッサン」渡邊一雅著、中国語翻訳で台湾から出版された。